« 強化第二弾 | トップページ | ファンタシースターポータブル2インフィニティ発売 »

実戦テスト

はい、皆さんこんばんは

先ずはちょっとした私信内容から

先日のプランで挙がった構成で組んでみたところ以下のようになった

ALLアナクマフレーム

左手兵装:グレイブ(ミディアムマシンガン)スキルスロット2

セットスキル:サイフォンショットⅡ

右手兵装:キャッツレイ(ショットガン)スキルスロット2

セットスキル:アシッドショットⅡ

左肩兵装:無し

セットスキル:無し

右肩兵装:ゴルディアス(ミサイル)スキルスロット2 ※DLCアイテム

セットスキル:アシッドショットⅡ

バックパック:リペアⅠ

この構成で出力差ジャスト0

Anakuma  

見た目はこんな感じに

セットアップ後、早速実戦テストを開始

シチュエーションは2:2のチームデスマッチ

味方はアンチミサイル搭載のバズーカ&ロケットの高火力機体

メインフレームは最高機動性能のテラーン

敵陣営の構成はホバーバックパック搭載のバーストマシンガン二挺、ガトリング一門の高軌道機体

同じくメインフレームはテラーン

もう一体はEMP搭載のロッド&ロケットの隠密行動機体

メインフレームは高機動性能の克黒

開始から殆どを味方機に同行して進軍及び索敵

当初は予定通りの動きを目指していたものの、敵陣営に高軌道タイプかつ、サイフォンスキルをマシンガンに搭載した相手がいたため、思うような動きは出来なかった

ただ、アナクマフレームの僅かな装甲差やこちらのアシッドスキルにより、持久戦での勝率は悪くなかった

味方機の高火力支援もあって、生存率は味方機共に上々の成果を挙げた

やはりリペア機の存在は厄介と思われがちなのか、狙われる率は高かった

近接戦闘範囲では、やはり脆いものの、遠、中距離では予想以上の成果を挙げた

基本的に味方機と常に行動し、中距離を維持しつつ戦闘を展開するとよい

リペアバックパックからホバーバックパックに変更すれば、前衛による高軌道戦闘も可能になると思われる

その場合、ミサイルを違う兵装にして近接戦闘に重きを置いてみるのも面白いかもしれない

今回の構成は個性も出せていると思うのでメイン機体にしても十分な物だと思われる

また別の構成プランがあらば、再度テストを行いたいと思う

 

以上でエボルヴのお話はおしまい

ここからは簡単にPSUのお話

Psu20110219_014845_001  

今回のGBRは50%に到達するまで非常に早いので貴重品捜索に重きを置けるのがいいですね

当初の目標の魔剣は思いのほか早く手に入ったので後はのんびりかな

そして、気まぐれで強化もしています

Psu20110220_163109_000  

4月からSE関連も修正されると信じてファイティングビートも強化

とりあえず2種+10が出来たので満足

今回A武器は非常に+10が出来やすい感覚を覚えますが、S武器となると、やはり一筋縄にはいきませんね

|

« 強化第二弾 | トップページ | ファンタシースターポータブル2インフィニティ発売 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強化第二弾 | トップページ | ファンタシースターポータブル2インフィニティ発売 »