« イベントのご案内 | トップページ | イベントは無事終了 »

戦場に赴く日々

はい、皆さんこんばんは

このところPSUはクールダウン的な意味でお休み気味です

最近は以前にも挙げたフロントミッションエボルヴのオンライン対戦にて戦場に駆り出す日々を送っております

ごく稀にネタ機なども使ったりするんですよね

Photo  

このアポロンの戦車隊のフレームはネタとしか言いようがない

重いの出力低いので武装が全然装備できないせいで歩く棺おけ扱いに

その分異常なまでに頑丈なのでリペアラーとして稀に使うんですよね

それにしても発売前にこれを見て、これが今回の地獄の壁かぁって思ったのですが全く検討違いというね

ほぼレギュラーな存在だった地獄の壁は今回は称号的な部分でしか名前が出てこないリストラ状態でした

20100709172102  

こちらがそのアポロンの戦車隊のメンバー

リーダーのマーカス・セリグマン以外皆女性という異色の部隊でした

対戦での主要機体は

B5bc00407c95b3d280e712914f0265ba  

こちらのテラーンフレームですね

全機種の中で最も早いのですが、その分最も脆い装甲を持ち合わせています

メイン兵装も上記の画像のようにライフルがメインですね

サブウェポンにはガトリングガンを1つ付けているのみです

ライフルにはリコシェットで2つのパーツを同時に破壊する機能を搭載させ、ガトリングにはアシッドショットで近接戦闘時に瞬間火力不足を補う戦術を起用しています

一般的にはロケットやミサイルがセットで搭載されているのを見かけますが、あえて爆発物などを使わずに縛りプレイにてKILLの山を築いています

兵装以外にも重量が同じで出力差も無く、僅かに耐久値が高い克黒(カヘイ)が一般的によく使われているのを見かけます

1_2  

こちらが克黒

大韓中の主要機体です

0  

※ブルース・リーのそっくりさんではありません

作中では大韓中の特殊部隊のリーダー、ユン・テ・ファンが搭乗しています

その大韓中のユンとコンビで登場するのがO.C.Uのジェド・テイラー・ゴードン

S113_okoql6ng49sv6zm69vinq69h17gvip  

正直彼が作中で最も主人公っぽいキャラです

そしてジェドの搭乗機は

Fme39  

O.C.Uの主力機体ゼニス

フロントミッションの代表的な機体です

こちらの機体はバランス型で癖がないのが特徴と言うべきでしょうか

では、主人公は一体どんなキャラなのかと言うと

Fme202s  

一見まともに見えますが

Oh  

モデリングが酷いせいでリアル野原しんのすけと化しております

ジェドやユンはすごくまともなのですが、主要メンバーのモデリングが酷いという不可解な作品でした

そんな主人公、ディラン・ラムゼイが搭乗する機体は

Panzer01  

ゼフィール

カラーリングと一部パーツを換装するとナインボー○にしか見えません

この機体はフロントミッション5で登場したブレインデバイスS型のグラシリスのマイナーチェンジバージョンのようです

こちらもバランス型で一切の癖がないのが特徴ですね

Photo_2  

こちらはディランが所属するU.S.Nの主要機体、フロストです

同じくバランス型で殆ど癖がありませんね

若干の重量差や装甲耐久値、出力差などはありますが、兵装や自身の作戦と相談して合っている物を選べば大差はないと思います

一応日本製の機体もありますよ

S114_cyr4g2zy9yhx1569lp1t2h83p3x9dz  

霧島重工の炎陽(エンヨウ)

※陽炎(カゲロウ)ではありません

見た目の通り、若干の重量タイプで機動性はさほどありませんね

その分装甲は厚めなので防御力を活かした戦術が重要となってきます

知っている限りで使用しているプレイヤーはこの機体にライフルとアンチミサイルのみで戦場を切り抜けているを見たことがあります

ただ、その人物以外は使っているのを見た事がないのが現状です

基本的に機動性が高い機体が主に使われていますね

その中にも僅かに装甲を活かして高軌道タイプの機体を撃破していくプレイヤーもいますね

装甲を活かしての戦いは相手を選ぶので玄人向けといった感じですね

基本的には機動性を活かした戦術が一般的に用いられています

今後も出来る限り爆発物を使わない縛りプレイを続けていきたいと思います

|

« イベントのご案内 | トップページ | イベントは無事終了 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イベントのご案内 | トップページ | イベントは無事終了 »