« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

第40回哀グラお疲れ様でした

はい、皆さんこんにちは

29日から開催されていた哀グラも本日午前0時を持って仮終了致しました

恐らく今でもロスタイムと称した継続ミッションが行われていると思います

そんな哀グラでは魔剣こそドロップされなかったものの

Psu20101229_154458_000  

珍しくフロウウェンズ・ソウルがドロップされたり

Psu20101229_160537_001  

殻が出たり

Psu20101230_002723_002  

ハートキーや

Psu20101230_015748_004  

イリティスタ

Psu20101230_012438_003  

デルナディアン・アームも見かけましたね

Psu20101230_234908_000  

終了間際には久しくアルケミストシャドーもドロップされました

そして、定刻となり

Psu20101231_000056_001 

帰りの会となり

Psu20101231_002631_002  

恒例のガックリで〆となりました

今回も皆さん頑張っていたようで、お疲れ様でした

| | コメント (0)

まだ見ぬ物が続々

はい、皆さんこんにちは

忙しかった日々とも少しの間お別れを告げ、今はのんびりと過ごしております

さて、先日もMAG 2ndを楽しんできたわけですが

Psu20101227_011820_001  

ここ最近になって急にデルナディアン・アームが連続でドロップされたりと加速してきました

ほかにも

Psu20101227_133825_000  

1個は確保しておきたかったH44ミズーリTも無事手に入れ

Psu20101227_150313_001  

まさかのラビットウォンドも入手

滅多に出ない物なので性能はさておき、これはこれで嬉しかったですね

Psu20101228_031126_005  

お友達とやっている時は今イベントでは初のイッグ・クラウン

他の素材は見ていたんですけど、これは中々出ませんね

後、ちょっとしたコネクションを使って

Psu20101227_200734_002  

魔剣レーヴァテインを見てきました

聖剣とは対照的な黒い輝きと刀身を迸るまるで血液のような流動

性能は攻撃力特化といった感じでしたね

拝める物も拝めたので、再度頑張って捜索しよう

| | コメント (0)

棚から牡丹餅

Happy Holyday!

はい、今日はご存知クリスマスですね

最近では宗教を気遣ってMerry Christmasとは言わず、Happy Holydayと言うのが流行ってきているようです

さて、そんな私は祝日だった木曜も、そして今日も仕事でしたが、ようやく仕事納めとなりました

後は年始までゆっくりしようっと

さて、先日もMAG 2ndをやっていたのですが、アルカートという新規スピアが実装されたとの事で早速Sランクにて捜索を開始しました

数周しても出ない中

Psu20101224_233544_000 

まさかのデルナディアン・アームがドロップ

全くもって想定していなかった事態なので驚きましたね

てな、わけで

Psu20101224_234234_001  

即刻交換

Psu20101224_234249_002  

至って普通な値ですが、感染レベル5という機能を利用するための存在なので無属性でもよかったんですよね

その後は

Psu20101225_002522_003  

目的のアルカートも出ました

そして、この日に知ったのですが

3エリア中、2エリアのみのキー開放で終えると

Psu20101225_004913_005  

10周年だけに、10の箱文字が描かれていました

何とも遊び心に満ちた配置である

| | コメント (0)

昨日も色々ドロップ

はい、皆さんこんばんは

先日もMAG 2ndなど、イベントミッションを楽しんできました

今回出た物は

Psu20101222_190121_000  

グリーナ・テンタクル

丁度ATでしたし、ディー・ロレイの殻も余っていたので

Psu20101222_193748_001  

早速交換してきました

感電効果があるようですね

命中もかなり高いのでデルナディアン等の打撃が脅威な相手には重宝しそうです

Psu20101222_203454_002  

炎禍S3からスチームナックル

意外とスマートなデザインなので1個くらいは取っておこうかな

Psu20101222_204722_003  

以前のイベントでドロップされたラヴィス=ダガー

Psu20101222_205912_004  

フォトンフリューゲ

Psu20101223_000452_005  

クイント・ディペンデンス

デンス

あのデンスとは関係ありません

性能としては交換条件の厳しいブリッツゲイザーの次に強いスライサーですね

デザインも特殊で威力も抜群な品です

Psu20101223_011542_006  

H44ミズーリ

特徴のあるハンマーやグリップを見る限り、SAAがモデルになっているようですね

ただ、シリンダーは近代的な物でそれがミズーリの特徴となっているようですね

Psu20101223_025248_007  

魔石「イリティスタ」

まさかこんな物が出るとは思いませんでしたね

まだまだ色々な物が出そうですね

| | コメント (0)

イベント始まりましたね

はい、皆さんこんばんは

少しの間PSUを休憩していましたが、イベントが開催されたので再び頑張ろうと思います

Psu20101221_175236_004  

SSでは伝わりませんが、PSO10周年という事でロビーのBGMも懐かしいPSOの物に入れ替わっていました

早速イベントミッション、と行きたいところですが、先ずは追加された常駐警護部の特殊交換を覗いてきました

Psu20101221_174954_000  

魔剣レーヴァテインの実装と同時にワールドオブガーディアンの実装も行われるとは思いませんでしたね

この中でガーディアンズウィングの素材は既にそろっていたので早速交換してみました

Psu20101221_175339_005  

性能としては持久+5、自動回復レベル2、PP回復量+5と、非常に便利なユニットでした

さて、その後はイベントミッションへと突入

先ずは慌てずミッション概要などを確認してきました

Psu20101221_175458_006  

今回のジャンは表情が事細かに動くので「ウフフ」ってセリフと表情が合っていなくて不気味でした

一通り確認を終えたら先ずは下調べをし、その後S3へと行ってみました

Psu20101221_182914_007  

相変わらずこのシャグは出たがりですな

MAG 2ndの下調べ後は、PSOのセントラルドームの災禍に似せたミッションへも行ってきました

Psu20101221_184052_008  

すると早速新規武器がドロップ

Psu20101221_184107_009  

同時にもう1つの新規武器もドロップ

双鋼爪のSEがあまりにもうるさすぎて笑ってしまった

そして、両方の下調べを終えた後は、お友達を誘ってS3へと移行

すると

Psu20101221_191827_010  

グリーナ・クラッカーの素材が早速ドロップ

どうやらそれなりに出やすいようですね

他にも

Psu20101221_193831_018  

H44ミズーリT

同じくH44ミズーリもドロップされたりしていました

他にも既存の武器が設定されているので率はそこそこって感じでしたね

それよりも気になったのが

Psu20101221_193354_011  

この巨大なコンテナ

複数回攻撃しないと壊れない上に

Psu20101221_193435_012  

仲元工事御用達のマトリョーシカコント

Psu20101221_193458_013  

割っても~

Psu20101221_193516_014  

割っても~

Psu20101221_193537_015  

まだ出てくる~

Psu20101221_193613_016  

エネミー倒しまわるよりしんどいです

そして、破壊し尽くした結果が

Psu20101221_193635_017  

まさかのルームグッツ

しかも床板を木目にするだけの物というね

これは割りに合わないw

| | コメント (0)

イベントは無事終了

はい、皆さんこんばんは

先日のクリスマスプレゼント交換会は無事終了しました

Psu20101219_211835_000  

今年はPSUの過疎化が進む中、大勢の方に来ていただけたようで大変嬉しく思いました

今回も例年通り、サンタさんが笑いのプレゼントを贈ってくれたようです

自身のプレゼントが再び手元に来る、通称自爆も今回も見られましたね

他には別ユーザーイベントでプレゼントの所持合計数が100を超え、電子の海に消失した事件を彷彿させるようなちょっと笑ってしまうような事もありましたね

詳細についてはメイン司会を務めたハルルさんのブログにて紹介されると思います

参加者の方々には勿論、私たちもプレゼントを頂きました

Psu20101219_225410_001  

中身は何と、交換条件が非常に大変なアンク・ピッコ+でした

ネタ・ノート99枚も集めるのは非常に骨が折れるので貴重な物を貰ってしまいました

大事に使わせて頂きますね

交換会の後は、シメに記念撮影を行いました

Psu20101219_230244_002  

再度、今年も大勢の方々に参加していただいて嬉しく思いました

ありがとうございました

今後は拠点をPSO2へ移すかどうかが争点になりそうですが、可能ならば続けていきたいですね

| | コメント (0)

戦場に赴く日々

はい、皆さんこんばんは

このところPSUはクールダウン的な意味でお休み気味です

最近は以前にも挙げたフロントミッションエボルヴのオンライン対戦にて戦場に駆り出す日々を送っております

ごく稀にネタ機なども使ったりするんですよね

Photo  

このアポロンの戦車隊のフレームはネタとしか言いようがない

重いの出力低いので武装が全然装備できないせいで歩く棺おけ扱いに

その分異常なまでに頑丈なのでリペアラーとして稀に使うんですよね

それにしても発売前にこれを見て、これが今回の地獄の壁かぁって思ったのですが全く検討違いというね

ほぼレギュラーな存在だった地獄の壁は今回は称号的な部分でしか名前が出てこないリストラ状態でした

20100709172102  

こちらがそのアポロンの戦車隊のメンバー

リーダーのマーカス・セリグマン以外皆女性という異色の部隊でした

対戦での主要機体は

B5bc00407c95b3d280e712914f0265ba  

こちらのテラーンフレームですね

全機種の中で最も早いのですが、その分最も脆い装甲を持ち合わせています

メイン兵装も上記の画像のようにライフルがメインですね

サブウェポンにはガトリングガンを1つ付けているのみです

ライフルにはリコシェットで2つのパーツを同時に破壊する機能を搭載させ、ガトリングにはアシッドショットで近接戦闘時に瞬間火力不足を補う戦術を起用しています

一般的にはロケットやミサイルがセットで搭載されているのを見かけますが、あえて爆発物などを使わずに縛りプレイにてKILLの山を築いています

兵装以外にも重量が同じで出力差も無く、僅かに耐久値が高い克黒(カヘイ)が一般的によく使われているのを見かけます

1_2  

こちらが克黒

大韓中の主要機体です

0  

※ブルース・リーのそっくりさんではありません

作中では大韓中の特殊部隊のリーダー、ユン・テ・ファンが搭乗しています

その大韓中のユンとコンビで登場するのがO.C.Uのジェド・テイラー・ゴードン

S113_okoql6ng49sv6zm69vinq69h17gvip  

正直彼が作中で最も主人公っぽいキャラです

そしてジェドの搭乗機は

Fme39  

O.C.Uの主力機体ゼニス

フロントミッションの代表的な機体です

こちらの機体はバランス型で癖がないのが特徴と言うべきでしょうか

では、主人公は一体どんなキャラなのかと言うと

Fme202s  

一見まともに見えますが

Oh  

モデリングが酷いせいでリアル野原しんのすけと化しております

ジェドやユンはすごくまともなのですが、主要メンバーのモデリングが酷いという不可解な作品でした

そんな主人公、ディラン・ラムゼイが搭乗する機体は

Panzer01  

ゼフィール

カラーリングと一部パーツを換装するとナインボー○にしか見えません

この機体はフロントミッション5で登場したブレインデバイスS型のグラシリスのマイナーチェンジバージョンのようです

こちらもバランス型で一切の癖がないのが特徴ですね

Photo_2  

こちらはディランが所属するU.S.Nの主要機体、フロストです

同じくバランス型で殆ど癖がありませんね

若干の重量差や装甲耐久値、出力差などはありますが、兵装や自身の作戦と相談して合っている物を選べば大差はないと思います

一応日本製の機体もありますよ

S114_cyr4g2zy9yhx1569lp1t2h83p3x9dz  

霧島重工の炎陽(エンヨウ)

※陽炎(カゲロウ)ではありません

見た目の通り、若干の重量タイプで機動性はさほどありませんね

その分装甲は厚めなので防御力を活かした戦術が重要となってきます

知っている限りで使用しているプレイヤーはこの機体にライフルとアンチミサイルのみで戦場を切り抜けているを見たことがあります

ただ、その人物以外は使っているのを見た事がないのが現状です

基本的に機動性が高い機体が主に使われていますね

その中にも僅かに装甲を活かして高軌道タイプの機体を撃破していくプレイヤーもいますね

装甲を活かしての戦いは相手を選ぶので玄人向けといった感じですね

基本的には機動性を活かした戦術が一般的に用いられています

今後も出来る限り爆発物を使わない縛りプレイを続けていきたいと思います

| | コメント (0)

イベントのご案内

※イベント当日までこの記事がTOPになるように設定してありますのでご注意を

 

Psu20101216_224013_000  

はい、皆さんこんばんは

今年もこの時がやってまいりました

♣ ハルル、ニーナ、OlgaのHappy Christmas 

PSU X'mas

プレゼント交換会 2010

開催日時:12月19日(日曜) 21時~(終了予定時刻23時)

※土曜日ではなく日曜日なのでお間違いなく

開催場所:ユニバース12

第一次会場:コロニーLL中継ターミナル (プレゼント交換会)

第二次会場:モトゥブ、ダグオラ・シティ中央 (撮影会)

イベント内容:プレゼント交換会&記念撮影

詳しい内容、及び注意点などはこちらをご確認ください

今回の開催はそれぞれの時間の都合や他のユーザーイベントと重ならないようにと考えた結果、日曜日の開催となりましたのでお間違いのないようお願いいたします

今年も前回、前々回のような面白いドラマは生まれるのでしょうか!?

私は今年もサンタさんが笑いと驚きを届けてくれると信じています

それでは、会場でお会いしましょう

| | コメント (0)

忘れかけていた

はい、皆さんこんばんは

Psu20101206_232834_000  

和の雰囲気を感じるこの村は結構好きです

さて、先日共有BOXの中身を見て思い出したのですが、ディ・ラグナス・ドルソが11個あったので3個目のサンゲ真打を交換する事にしました

材料は何の問題もなく揃い

Psu20101206_233250_001  

コインもガッポのお陰でまだまだ余裕

Psu20101206_233430_002  

とりあえずジョウウン・ソウルを交換したものの

Psu20101206_233500_003

肝心な武器本体であるサンゲを忘れ部屋に戻る事に

Psu20101206_233722_004  

気を取り直して早速交換

Psu20101206_233813_006  

結果は炎42%と上々

まだ持っていない属性なので主力確定ですね

| | コメント (0)

週末の出来事

はい、皆さんこんばんは

Psu20101203_205332_004  

何でニューデイズのパウラは緑色なんだろう

さて、見てもわかるように先週末はハビラオ村禁止区にいました

MAGはあれから一度も行ってませんね

結局選択肢はここのみという結果に

とりあえず数周していると、ブロック3にて最初のポップがラッピー・ポレックではなく、いきなりラッピー・グッグでした

これはまさかと思ったのですが

Psu20101203_204403_000  

案の定ラッピー・イッグが登場

若干苦戦しつつもこれを撃破

しかし…

Psu20101203_204625_001  

もう1体現れ…

Psu20101203_204637_002  

更にもう1体現れ、事態は混沌を極めました

2体のイッグと1体のグッグからの猛攻に何とか耐えながらこれを撃破

そして…

Psu20101203_205016_003  

最後に祝福するかのようにラッピー・ノエルが登場

…思いっきり小突かれてますが

まさかイッグが3体も現れるとは思いませんでしたね

S3だと攻撃力も耐久力もかなりの物なので少人数だと苦戦必至だと思われますのでご注意を

| | コメント (0)

どうも理解しがたい

はい、皆さんこんばんは

Psu20101202_181826_002  

久々にこのロビーで撮影した気がする

さて、先日のメンテナンスにて新たなミッションランクの開放や調整がありましたね

早速私も調査に向かってみました

まずはMAG'S3から

Psu20101202_190433_003  

デルナディアンに1回目で遭遇するも腕は相変わらず落とさず

まぁそれはいいとして、とにかく長い、敵が硬い、面倒くさい

既存武器の再配信があるようですが、とても割りに合わないので二度と行かない可能性が高いです

そして、お次に踊る珍鳥S3へと行ってみると

Psu20101202_181201_000  

サンドラッピーボウがドロップ

これはまだラッピーのミッションだけあってわかるんだ

しかし

Psu20101202_224509_004  

アルゴレツハのドロップはおかしいと思うんだ

これは聖獣で出すべきでしょ

とてもじゃないけど理解ができない

何やら先ほど公式を見てみたら12月9日の配信内容が告知されていました

称号の追加やGCミッションのドロップ武器の変更などのようですね

| | コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »