« イベントレポート | トップページ | 隠れ家 »

今度はシナリオを

はい、皆さんこんばんはっ

ちょっと仕事疲れて頭の回転が遅めですが

先日の実銃イベントのシナリオを書いてみます

~シナリオ~

私たちは同盟軍基地内部まで潜入することに成功した

しかし、訓練がなされていない民間人らも解放軍として参加しているため

被害は決して少なくなかった…

そしてようやく司令部前区画までたどり着いた頃には

部隊人数はごく僅かな物になっていた

4  

 

 

 

 

 

 

 

それでも、私たちは諦める訳にはいかなかった

同盟軍の暗部として、日々ブラックオプスへ使わされる小数民族

同盟軍に弾圧を受けている人々

皆の思いは強く、そして大きなものだった

例え、一人になろうとも私たちは歩みを止めないだろう

司令部前に着いてしまえば最早潜入行動など不要

後は司令部に私たち解放軍の力を見せ付けるのみ

1  

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの戦いは、まだ始まったばかりなのだ

訓練や戦闘プログラムの向上が全てではないということを

見せ付ける必要があった

そして、願わくば同盟軍を崩壊させ、私たち少数民族が自由を得られんことを

皆の想い、絆、それらは訓練させられた兵士らを超える勢いだった

助け合い、皆を思う気持ち

効率のみを求める同盟軍兵士にはわからないだろう

最早私たちの前には同盟軍兵士など足元にも及ばなかった

そして…

とうとう司令部へと到着した

会って間もない仲間もいる

それでも、協力しあい、ここまで来ることができた

多くの英霊が無駄死にでなかったことの証のために

解放軍の理想を掲げるために…

この手に自由を勝ち取るために…

Psu20080412_230746_006  

 

 

 

 

 

 

 

司令部よ!私は帰ってきた!

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

そして…

2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

私たちは自由を勝ち取ることができた…

多くの仲間たちが死んでいった

それでも、きっと皆あの世で解放軍の勝利を誇りに思っているだろう

残された私たちは、この戦いを後の世に伝える義務がある

もう二度とこのようなことがあってはならない

こんな悲しい戦いは二度とあってはならない

私たちは同盟軍の代わりとなる統制機関を作ることを決意した

偏った種族でなく、均等に種族配分が保たれた機関を

 

  

 

 

 

 

 

 

だが…

本当に戦いに勝ったのだろうか?

本当に生き残れたのだろうか?

3  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は、夢の世界

いや、あの世で見た存在せぬ勝利なのかもしれない…

|

« イベントレポート | トップページ | 隠れ家 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

>雪華さん
いいえ
やはりバッドエンドが(ry
これ一度参加すると大抵の人は何かに目覚めるんだけどなぁ…w

>にゃんこさん
ホント出ないよねぇ~!
先日出たけどサボテだし
とりあえず本編の方は最終章だからこれで終わりね
ショートストーリーだからあまり長引かせても大変だし(ストーリー構成などの面d)

投稿: Olga | 2008年4月15日 (火) 19時40分

先生・・・ジゴ・ブーマが・・・でないです・・・

(´・ω・`)ミュー

こんなシナリオがあったのね!
続きアルノ?

投稿: にゃんこ | 2008年4月15日 (火) 09時58分

お疲れさまでした~♪
あの。。。最後の画像のほうが夢ということでw
ゆきは特化的なものが何もないので
テクだけ、銃だけ、武器だけというのが苦手で ;;
記事読んで楽しませていただいてます (。-_-。)ポッ

お疲れさまです、そして次回も頑張ってください ヽ(*^ω^*)ノ

投稿: 雪華 | 2008年4月15日 (火) 00時16分

>緑茶王さん
いやぁ、やっぱりね
バッドエンドにするのが好きなものでね…w

投稿: Olga | 2008年4月14日 (月) 20時27分

主催乙!
よく生きて戻ってきた!いややっぱり死んでた!

投稿: 緑茶王 | 2008年4月14日 (月) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イベントレポート | トップページ | 隠れ家 »